祝島島民の会blog(旧)

瀬戸内海の山口県上関町に計画されている上関(祝島沖)原発に、30年以上にわたって反対している「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の事務局担当者のblogです。
原発建設予定地は祝島の対岸約4kmにあり、祝島島民は万一の事故時にも避難することもできません。
また周辺海域は豊かな漁場であると共に、スナメリやカンムリウミスズメなど貴重な動植物も生きる、瀬戸内の豊かな自然が残された「生物多様性のホットスポット」と言われています。
上関原発を建てさせない祝島島民の会ホームページ
http://shimabito.net/
上関原発を建てさせない祝島島民の会Blog(新)
http://blog.touminnokai.main.jp/
FAX 0820-66-2110
島民の会事務局mail iwaishima■gmail.com(■を@に変えてください)
<< 全国署名へのさらなるご協力のお願い(現在署名数87万4242筆) | main | 【緊急】中国電力、週明けにも数百人規模の動員で埋め立て工事を強行か >>
2月16〜20日の状況報告
0
    9:00
    シケもあって5日間埋立て工事に向けた動きがなく、ようやく祝島の漁業者も漁に集中できそうになってきました。
    しかし今日はまた台船が動き出しました。
    鯛やメバルなどを釣っていた一本釣りの漁師さんも、漁を中断して抗議に向かいました。

    一本釣りで釣った鯛やメバル
    漁師さんは今日の晩御飯や子供に送るために〆た鯛やメバルなどを港で待っていた奥さんに渡すと、すぐに抗議に向かいました


    14:00
    台船は午前中のうちに引き上げていきました。
    理解も同意も無しに強引に作業を進めようとして、抗議を受け、引き返す。
    1月11日から今日まで累計で24日、中国電力は同じことを繰り返しています。

    2月17日
    今日は台船の動きは無かったようです。

    2月19日
    今日は台船2隻が動きましたが、祝島の船の抗議を受けて昼過ぎに引き上げていきました。
    累計25日目です。
    また今日も経済産業省の船は来ていたとのことです。
    経済産業省・エネルギー庁の中では「祝島の反対派は本当は少数派だ」などといったことが言われているとのことですが、せっかく現地まで来ているのですから、きちんと目の前の現実を見ていただきたいものです。

    2月20日
    台船2隻が動きましたが、漁船の抗議で昼前に引き揚げました。
    嵐の前の静けさなのか、今日もこれまでに比べ特に変わったことはなかったようです。
    大動員をかけた力任せの強引な作業などは行われないことが、すべての関係者にとっても本当は望ましいはずです。
    明日はどのようになるのでしょうか。
    | 祝島島民の会事務局 | 現地情報 | 12:44 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.shimabito.net/trackback/1061743
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE