祝島島民の会blog(旧)

瀬戸内海の山口県上関町に計画されている上関(祝島沖)原発に、30年以上にわたって反対している「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の事務局担当者のblogです。
原発建設予定地は祝島の対岸約4kmにあり、祝島島民は万一の事故時にも避難することもできません。
また周辺海域は豊かな漁場であると共に、スナメリやカンムリウミスズメなど貴重な動植物も生きる、瀬戸内の豊かな自然が残された「生物多様性のホットスポット」と言われています。
上関原発を建てさせない祝島島民の会ホームページ
http://shimabito.net/
上関原発を建てさせない祝島島民の会Blog(新)
http://blog.touminnokai.main.jp/
FAX 0820-66-2110
島民の会事務局mail iwaishima■gmail.com(■を@に変えてください)
<< 上関原発計画にかかる埋立て免許の失効がほぼ確実になりました、が・・・ | main | 経産大臣、上関原発の建設を認めない方針を明らかに >>
中国電力による祝島島民らへの訴訟(陸域仮処分)の取り下げが決定
0
    中国電力が祝島島民の会や島民、島外の若者などを訴えていた、原発建設予定地である田ノ浦海岸での妨害行為の禁止を求める仮処分について、訴えの取り下げが決定しました。

    この仮処分は中国電力が2010年7月に申し立てを行い、山口地裁が2011年2月に中電側の訴えを認める決定を出していました。
    その後、島民の会側は異議申し立てを行い本日まで5度の審尋を重ねてきましたが、その中で裁判所から中電側に対し訴え取り下げの提案がされていました。

    建設を前に進める工事等はしない・できないという大前提の下、埋立て免許の失効も視野に、安全確保のために10月末までは看板や仮桟橋など現状あるものの維持管理作業に限って島民の会側が妨害しないこと、また中電は一定規模以上の作業は事前に、そうでないものは事後に島民の会側の代理人に必ず連絡をすることなどを双方が確認し、本日の審尋において中国電力が訴えを取り下げることが確認されました。

    電力会社が一度は自身の主張が認められた訴えを取り下げることは異例です。
    30年にわたる祝島島民の粘り強い運動の一つの成果とも言えますし、同時に中電自身が埋立て免許の失効を前提に考えている証左とも言えます。

    そもそも、電力会社が原発計画に反対する地域住民を精神的・金銭的に苦しめることを目的に裁判に訴えること自体があってはならないことであり、この取り下げは当然のことです。

    またこの仮処分に基づいて中国電力が島民の会や島民個人らに1日あたりそれぞれ70万円の制裁金を求めた間接強制の訴えも広島高裁において抗告中ですが、こちらも当然取り消しを求めていきます。

    なお祝島の漁業者に対する海域での妨害禁止を求めた仮処分、間接強制、損害賠償裁判など、中国電力が地元住民を訴えた訴訟はまだあります。
    それらについても、島民の会は今後とも粘り強くたたかっていきます。
    | 祝島島民の会事務局 | 裁判情報 | 17:11 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.shimabito.net/trackback/1061800
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE