祝島島民の会blog(旧)

瀬戸内海の山口県上関町に計画されている上関(祝島沖)原発に、30年以上にわたって反対している「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の事務局担当者のblogです。
原発建設予定地は祝島の対岸約4kmにあり、祝島島民は万一の事故時にも避難することもできません。
また周辺海域は豊かな漁場であると共に、スナメリやカンムリウミスズメなど貴重な動植物も生きる、瀬戸内の豊かな自然が残された「生物多様性のホットスポット」と言われています。
上関原発を建てさせない祝島島民の会ホームページ
http://shimabito.net/
上関原発を建てさせない祝島島民の会Blog(新)
http://blog.touminnokai.main.jp/
FAX 0820-66-2110
島民の会事務局mail iwaishima■gmail.com(■を@に変えてください)
<< 上関原発建設予定海域の灯浮標、台風でまた漂流 | main | 山口県漁協への抗議・アピール行動のお知らせ >>
山口県漁協、漁業補償金分配についての総会の部会開催を通知
0
    既に新聞記事やweb上にも出ていますが、山口県漁協が再再度、上関原発計画にかかる漁業補償金の配分案についてを議案とした総会の部会の開催を祝島の漁業者に通知してきました。
    今回の開催の開催日時は10月17日(木)午後5時からとなっています。

    この補償金の配分案が議案とされた総会の部会は、一度は台風で延期となり、8月に再度開催しようとしたときは、県漁協の島の漁業者の声を無視した姿勢に対する島民らの抗議などもあって県漁協関係者が開催を諦めた経緯があります。
    参考:漁業補償金の配分案についての祝島支店の総会の部会が開催されます(2013/8/2)
       総会の部会の結果について、お知らせいたします(2013/8/2)


    上記の記事にもあるように、山口県漁協はこれまで原発計画に反対する祝島の漁業者の声に真摯に対応してきませんでした。
    漁業補償金について今後は議題にしないとした決議した祝島支店の方針を無視し、配分案についても支店内に祝島の漁業者自身にによる配分委員会を設置せずに配分案を決定するなど、ひたすら祝島の漁業者の意思を無視したやり方でこれまでやってきました。

    今回の総会の部会の開催についても同様です。
    祝島の運営委員4名中2名がこのような状況の中では総会の部会の開催を認めるわけにはかないことを文書で通告するとともに、10月8日に召集がかけられていた総会の部会の開催日などを確認する祝島支店の運営委員会への出席を拒否しました。
    運営委員会は出席者の過半数が出席することで成立すると規約にあり、2名が欠席すれば不成立になります。
    しかし県漁協は、総会の部会の開催や日時の設定は県漁協の理事会の決定があればよく、祝島支店の総会の部会の開催に祝島支店の運営委員会の了承や決議は必要ないとして、上記の日程での開催を強行する構えです。

    これに対し、漁業者有志が10月11日付で10月15日までに回答するよう求めた質問状を県漁協に送っていますが、これまでの県漁協の姿勢を考えれば誠実な返答は望めないでしょう。

    福島第一原発事故やその後のずさんな管理の中でいまだに海が放射能で汚染され続けているなか、自らのよって立つ場所であるはずの海も守ろうとせず、自身の組合員でもある祝島の漁業者の権利も踏みにじり、上関原発計画を前に進めるための動きに加担する山口県漁協、彼らはいったいなんのために存在している組織なのか祝島島民にはまったく理解できません。
    | 祝島島民の会事務局 | 現地情報 | 10:31 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.shimabito.net/trackback/1061843
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE