祝島島民の会blog(旧)

瀬戸内海の山口県上関町に計画されている上関(祝島沖)原発に、30年以上にわたって反対している「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の事務局担当者のblogです。
原発建設予定地は祝島の対岸約4kmにあり、祝島島民は万一の事故時にも避難することもできません。
また周辺海域は豊かな漁場であると共に、スナメリやカンムリウミスズメなど貴重な動植物も生きる、瀬戸内の豊かな自然が残された「生物多様性のホットスポット」と言われています。
上関原発を建てさせない祝島島民の会ホームページ
http://shimabito.net/
上関原発を建てさせない祝島島民の会Blog(新)
http://blog.touminnokai.main.jp/
FAX 0820-66-2110
島民の会事務局mail iwaishima■gmail.com(■を@に変えてください)
<< 10.26反原発デー集会のお知らせ | main | 次回公判等、裁判関係のお知らせ >>
いのちの海を守れ!さようなら上関原発!10.26反原発デー県民集会の報告
0
    10月26日に開催された「いのちの海を守れ!さようなら上関原発!10.26反原発デー県民集会」には多くのご参加をいただきありがとうございました。
    当日は心配された台風の影響もなく、約700名の参加者のもと集会とデモで上関原発計画の白紙撤回と埋立免許の失効を求めるアピールを行いました。

    祝島を含め現地からも約70人が参加しました


    福島の現状を切々と訴える人見やよいさん

    集会での主催の島民の会と3団体(原発に反対する上関町民の会、原水爆禁止山口県民会議、上関の自然を守る会)の各代表からの挨拶と現状報告では、公約に反し埋立免許を失効させない山本山口県知事の姿勢への批判に加え、中国電力が未だに上関原発計画をあきらめようとせずに町内を回り、土地を買いあさっているという報告もありました。

    また講師としてお招きしたフリーライターの人見やよいさんには、被災者、被害者を本当に救おうとする意志の感じられない国や電力会社の姿勢、福島をはじめとした放射能に汚染された地域に住む人たちの苦しみなど福島の現状を報告いただきましたが、その言葉に涙する島の女性の姿もみられました。

    また参加者からの連帯の挨拶のなかでは、来年3月8日に開催を目指す上関原発計画に反対する県民大集会への協力・参加の呼びかけもされ、参加者からは大きな拍手で迎えられました。



    全国から届けられた応援の布メッセージを持つ島の女性たち




    集会後は山口市内をデモ行進して、上関原発計画の反対と埋立免許の即刻不許可をアピールしました。

    今回の集会とデモには多くのご参加をいただき本当にありがとうございました。
    原発回帰の動きに加え、様々な問題、課題がありますが、思いを同じにする多くの皆様と協力しあい、一日も早く埋立免許を失効させ上関原発計画を白紙撤回させるために、これからもこういった集会やデモなどを通して、上関に原発はいらないんだという意思をアピールしていきます。
    | 祝島島民の会事務局 | 現地情報 | 12:17 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.shimabito.net/trackback/1061847
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE