祝島島民の会blog(旧)

瀬戸内海の山口県上関町に計画されている上関(祝島沖)原発に、30年以上にわたって反対している「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の事務局担当者のblogです。
原発建設予定地は祝島の対岸約4kmにあり、祝島島民は万一の事故時にも避難することもできません。
また周辺海域は豊かな漁場であると共に、スナメリやカンムリウミスズメなど貴重な動植物も生きる、瀬戸内の豊かな自然が残された「生物多様性のホットスポット」と言われています。
上関原発を建てさせない祝島島民の会ホームページ
http://shimabito.net/
上関原発を建てさせない祝島島民の会Blog(新)
http://blog.touminnokai.main.jp/
FAX 0820-66-2110
島民の会事務局mail iwaishima■gmail.com(■を@に変えてください)
<< いのちの海を守れ!さようなら上関原発!10.26反原発デー県民集会の報告 | main | 4800万円損害賠償請求訴訟と『11・23全国スラップ訴訟止めよう!シンポジウム』のお知らせ >>
次回公判等、裁判関係のお知らせ
0
    今年の10.26反原発デー県民集会で配布した、裁判関係の紹介の資料内容を転載いたします。
    次回公判の予定等も記載されていますので、ご参考ください。
    ----------------------------------------------
    上関原発計画をストップさせるための裁判に、ご支援ご協力を!

    以下は、祝島島民の会の関係する上関原発計画のための埋立免許に関連した訴訟の紹介です。祝島島民は上関原発計画をストップさせるために裁判という場でもたたかっていますので、ぜひ裁判の傍聴や裁判後の報告会へのご参加、ご支援をお願いいたします。

    埋立免許取り消し訴訟
    原告:祝島の漁業者74名/被告:山口県

    2008年10月20日、山口県が中国電力に対し上関原発計画のための埋立て免許を出すのは違法であるとして提訴。埋立て工事自体は3.11の福島第一原発の第事故を受けて進捗率0%のまま中断。期限である2012年10月7日に免許は失効してこの訴訟も決着がつくかと思われたが、失効直前の中国電力の延長申請と、山本繁太郎山口県知事による公約違反の審査の引き延ばしにより免許は失効していないとされたため、現在も訴訟は続いている。直近の公判では、埋立免許延長申請の審査のためとして県と中電の間で交わされている質問と回答の文書の提出命令を求める申し立ても行った。
    次回公判:2013年12月18日(水)11:00〜 山口地裁

    自然の権利訴訟
    原告:上関の自然を守る会、祝島島民の会及び祝島島民、全国の有志

    被告:山口県
    埋立て免許取り消し訴訟と同様に埋立て免許の取り消しを求めた訴訟。2008年12月2日、長島の自然を守る会(当時)が中心となり全国から原告を募り埋立て免許の取り消しを求め山口県を被告として提訴。祝島島民の会も漁業者など島民が原告に加わるなどして協力。人や動植物が安全に生きる権利を主張し、原発の危険性に対する審査を国に丸投げする山口県の姿勢を追及している。
    次回公判:2013年12月18日(水)10:30〜 山口地裁

    埋立免許失効確認訴訟
    原告:祝島の漁業者7名/被告:山口県

    「そもそも埋立免許は既に失効している」ということの確認を求めた訴訟。祝島の漁業者が原告となり2012年10月に訴えたもので、自然の権利訴訟と同じ公判の中で争われている。次回の公判からようやく中身の議論に入る見込み。
    次回公判:2013年12月18日(水)10:45〜 山口地裁

    なお埋立免許関係以外にも島民の会が関係する裁判があります。
    中国電力による祝島島民をはじめとした原発に反対する住民への不当な圧力を許さないためにも、これらの訴訟へのご支援もあわせてお願いいたします。

    4800万円損害賠償請求訴訟
    原告:中国電力/被告:祝島島民2名、カヤッカー2名

    2009年12月15日、中国電力が埋立て工事で損害を被ったとして祝島島民2人とシーカヤッカー2人に約4800万円の損害賠償を求めて提訴。典型的なSLAPP訴訟(企業や行政等による嫌がらせ目的の訴訟)であると識者からは指摘されている。証拠等のあまりの杜撰さは裁判所から指摘を受けるほどで、公判が進む中で請求金額も3900万円に減額。2013年11月23日にはSLAPP訴訟の問題を抱える上関、沖縄の高江、経産省前テントひろばの被告らの参加の下、東京でSLAPP訴訟についてのシンポジウムが開催される予定。
    追記:詳しくは下記サイトを御参考ください。
    『11・23全国スラップ訴訟止めよう!シンポジウム』のお知らせ
    次回公判:2013年12月10日(火)14:00〜 山口地裁

    埋立て工事妨害禁止仮処分保全取り消しの申し立て
    債権者:島民の会、祝島の漁業者など/債務者:中国電力

    祝島の漁業者らが、工事海域内で埋立て工事に抗議することを禁止することを認めた決定は、工事が中断し再開の見込みがない現状では意味のないものとして、決定の保全の取り消しを申し立てたもの。
    次回公判:2013年11月6日(水)11:30〜 山口地裁
    ※この申し立ては審尋のため傍聴できません

    いのちの海を守れ!さようなら上関原発! 10.26反原発デー県民集会 資料
    作成:祝島島民の会事務局
    ---------------------------------
    | 祝島島民の会事務局 | 現地情報 | 13:15 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.shimabito.net/trackback/1061848
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE